2018年5月16日水曜日

【家を建てる】木造8回目 耐力壁

こんにちは。小堤です。
今回は木造の8回目です。前回から在来軸組み工法の構造を掘り下げさせていただいています。前回は屋根を支える骨組みの小屋組みをご説明いたしました。今回は建物の強度に大きく関わる壁の構造をご説明いたします。


耐力壁

 耐力壁とは建築物において、地震の際に発生する水平力や風圧などの水平力に抵抗するために設ける壁のことです、つまり、建物の横からくる力を支える壁ということになります。いままでお伝えしましたが、建物は直上からの荷重を梁・柱・基礎へと伝達し、支えることができますが横からの力には耐えられないため、耐力壁というものを配置していきます。耐力壁は建物の1箇所に集中して配置すると偏心を招く原因になるため、全体にバランスよく配置することが重要です。





耐力壁の種類

 耐力壁にも筋交い・構造用合板・石膏ボードなど種類があり使用する材料に合わせて計算を行い、強度の確認を行います。木造軸組み構造では主に筋交いを用いて建物に必要な耐力壁量を確保します。




  筋交いとは柱と柱の間に斜めに材料を入れて補強する部材です。三角形をつくることにより、横から力が加わった際に変形を防止しています。
 建物の面積・高さ・階数により、耐力壁の壁量計算は変わってきます。建物の構造の要となる重要な部分ですので、弊社でも建物にあわせて慎重に計算を行います。今後とも木造についてご紹介をしていきたいと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿