2017年2月20日月曜日

建築作品に第2ISSEIビルを追加しました。


こんにちは、黒澤です。
花粉症のみなさま、辛い季節になってきましたね。
私はいつもこの時期は、眠くて眠くて眠いです zzzz....。

建築作品のページを追加しました。
久しぶりの商業施設です。
つくば市を拠点にする不動産会社の改修工事。
つくば事務所3人のこだわりと個性を最大限に発揮し
不動産会社の店舗の新しいイメージを創りだしました。
とてもかっこいい事務所になりました。
お時間のある方はご覧になってください。

第2ISSEIビル

2017年2月14日火曜日

企業主導型保育事業セミナー開催します
(参加費無料)@つくば

これからの人材不足時代に向けて
明確な対策を取りたい経営者様へ

 

内閣府が行っている事業所内託児施設の助成で
「企業主導型保育事業」という補助制度があります。
その補助を利用し、企業内に保育所を作るための勉強会を開催します。
既に全国で1700件以上の施設が整備費や運営費の助成を受け、
従業員や地域の子供たちを受け入れています。
この制度を利用し、職場の環境を整え、人材確保、
従業員の離職率を減少させ、雇用率をアップしましょう。
地域の会社で共同利用もできます。地域住民の受け入れも可能です。
夜間や休日の受け入れなど、多様な働き方に合わせて運営することができます。
本セミナーでは、企業主導型保育所の設置サポートを手がける
コンサルタント(株式会社船井総合研究所)を講師に招き、
保育所導入企業の実例、開設の手順などをお伝えいたします。
また、設置による企業側のメリットや、制度の活用・補助金に係る
様々な疑問・質問にお答えさせていただきます。

 

企業主導型保育所の開設で

  • 求人応募数10倍、離職率30%改善
  • 施設整備費の3/4程度が補助金
  • 運営費も補助され営業利益15%以上
  • 保育運営の外部委託・地域開放も可能

日時
 
3/22(水)13:30~15:00
受付開始 13:15~
会場
 
(株)つくば研究支援センター 小ホール
google map
お申込み
 
申込書をダウンロードしFAXで送信してください。
お電話でのお申し込みもお待ちしております。
お問い合わせ
 
 
0120-65-6556(フリーダイヤル)
お問い合わせフォームから
受付時間 平日9:00~18:00

2017年1月30日月曜日

建築作品に
古河中等教育学校多目的教室棟を追加しました。

こんにちは、黒澤です。
週末はとても暖かでしたね。
県庁の梅が咲き始めました。
春がくるのが待ち遠しいです。

そして、ひさしぶりに、
建築作品にページを追加しました。
古河中等教育学校多目的教室棟
設計を担当した池田専務がどんな事を想いながら設計したのか
設計士さんの繊細で、やさしい気持ちを良く知ることができます。
ご興味のある方は、ぜひ、ごらんになってくださいね。
斎藤さだむさんの撮影してくれた、竣工写真もとても素敵です。

それでは今週も一週間お仕事がんばってください。

2017年1月19日木曜日

事務所通信23号完成しました。

こんにちは、黒澤です。
ご自宅に届いた方もいらっしゃるかと思いますが、
新しい事務所通信が完成しました。
今回は住宅2件と福祉施設1件のご紹介と新年に向けて各事務所所長からご挨拶。
そして新人スタッフのご挨拶など
お時間のある方はぜひご覧ください。


事務所通信
■バックナンバーは こちらから
(スマートフォンで直接紙面をご覧いただけます)
ご希望される方には、完成時に
ご自宅にお送りすることもできます。
■お申し込みは こちらから

2017年1月6日金曜日

新年あけましておめでとうございます。

謹賀新年
旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、
誠にありがとうございました。
本年も建築を通して地域貢献を目指し、
社員一同誠心誠意努める覚悟でございます。
なにとぞ本年も倍旧のご支援のほどお願い申し上げます。
A+ design staff一同

2016年12月2日金曜日

12月になりました

こんにちは、黒澤です。
1か月ぶりの更新になってしまいました。

11月に入ってからホームページに不具合があり、
一時的に閲覧できない状態になってしまったり
リニューアル中と表示させていたりしました。

いつも見ていただいていたみなさまに
ご心配とご迷惑をお掛けしてしまい
誠に申し訳ございませんでした。

そして、復旧作業の際には、いつも頼もしいお2人、
弊社担当のTさんとデザイナーのKさんに
とても助けていただきました。
本当にありがとうございました。

ホームページですが現在は復旧しています♪
復旧作業をしている間に、竣工した物件がいくつかあり、
ちゃんと撮影もしてきたので、徐々に更新していきます。

そして復旧作業を見守りながら、各種サービスのページに
新しく建築顧問のページを作りました。
施設を複数お持ちの管理者の方を
建築士がサポートさせていただくサービスです。
ご興味があるかたはご覧いただき、ぜひご連絡ください。

*

そしてお知らせがあります。
この度、弊社は茨城県庁生活協同組合と
茨城県学校生活協同組合の指定店となりました。

生協の売店や、病院の売店などに
エイプラスの事務所通信を置かせていただいています。
見かけたらぜひお持ち帰りください。
そして組合員の方がいらっしゃいましたら
ぜひエイプラスをご利用くださいね。
よろしくお願いいたします。

*

もう12月、師走ですね。皆さま忙しいですか?
おでかけの機会も増えるかと思いますが
体調など壊さないように、気を付けてくださいね。

現在、aplus designの事務所通信1月号の準備中です。
ご希望の方には、完成時にご自宅にお送りさせていただきますので
こちらからお申し込みください。

旧県庁のお堀の大きな銀杏の木、近くで見るとほんとに立派で感動します。
駐車場から会社までの通り道です。みなさんご存知のように春は桜がきれいです。

2016年10月28日金曜日

第10回茨城の建築家展2016 「建築とふるまい」

こんにちは、黒澤です。
エキジビションのお知らせです。
日本建築家協会に所属する茨城県内の
建築家による展覧会が今年も行われています。
今年のテーマは「建築とふるまい」です。
期間中自由に入場できますので、ぜひお立ち寄りください。


建築とふるまい

近代のビルディングタイプのもとに生まれた学校・図書館・病院などの施設型の空間は、教育・文化・医療など、近代社会をつくるうえで必要な概念が物質化したものであり、そのような施設は、各地域(地方公共団体)に建設され、建設産業のメニューに組み込まれた結果、現在の縮小社会において施設の飽和状態が訪れても、産業を維持するための新たな施設をつくらなければならない状態になっている。

近年のまちづくりで、リノベーションやアート・プロジェクトなどの手法が注目されているのは、概念が物質化した空間よりも、ものや人々のふるまいにより誘発された空間への関心が高まっていることにほかならない。人やもののふるまいの関係による空間は、施設型の空間に比べれば規模も小さく、社会的には脆弱に見え、またそのような取り組みに対して批判する向きもある。しかし、そこにどのような価値を見出していくかは、歴史的な想像力次第とも言える。

これからは、20世紀型の施設型の空間と、人やもののふるまいの関係による空間を、『つくること、つくらないこと』、『モノからコトへ』、『施設型、非施設型』といった二項対立型の言葉に置き換えるのではなく、ものや人々の多様なふるまいを集積、あるいはネットワーク化し、20世紀型(施設型)の空間を包みこむような関係性を構築すべきではないだろうか。

第10回 茨城の建築家展2016 建築とふるまい
Facebookページから引用させていただきました


主催 JIA(公社)日本建築家協会
関東甲信越支部 茨城地域会
ワークショップ
9/25(日)【終了】
水戸まちなかフェスティバル会場
ギャラリートーク
11/3(木)
15:30~18:30 西村 浩氏 (WORKVISIONS)
展示
ギャラリートーク会場
専門学校 文化デザイナー学院
10:00~17:00
出展者 飯島洋省(株)飯島洋省andHAND建築設計事務所
大山早嗣(株)大山都市建築設計
河野正博(株)河野正博建築設計事務所
佐藤昌樹(株)エイプラス・デザイン
鈴木ヒロシ(株)EOS建築事務所
根本洋一朗(株)根本建築設計事務所
益子一彦(株)三上建築事務所
増山栄(株)増山栄建築設計事務所
丸田龍作 丸田建築設計研究所
横須賀満夫(株)横須賀満夫建築設計事務所
協賛 日本建築学会関東支部茨城支所
(一社)茨城建築士事務所協会
(一社)茨城建築士会
(一社)茨城県建築センター

【ホームページの不具合について】
現在、弊社ホームページ閲覧に不具合が生じ、
公開を一時停止とさせていただいております。
大変ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが、現在リニューアル作業中ですので
今しばらく、お待ちいただきますよう、お願い申し上げます。