2017年4月28日金曜日

【家を建てる】木造4回目 丸太組工法

こんにちは。
4月で入社2年目を迎えました小堤です。
木造工法シリーズとして、最初に挙げさせていただいた3つの工法のうち、
最後の1つである「丸太組工法」についてお話します。

木造3回目 枠組壁工法
木造2回目 軸組工法編
木造1回目



丸太組工法

「ログハウス」という言葉を聞けば、山間部に建つコテージのようなものをイメージしていただけると思いますが、この「ログハウス」は丸太組工法でつくられた建物です。丸太組工法はその名の通り丸太を横に積み上げて壁を立てるというシンプルな工法です。

ノッチという刻みをいれて丸太と丸太を交互に積み重ねていきます。これだけでも強度は十分ですが、交差部分にボルトを通して耐久性を強くすることが多いです。自由に開口部を設けたり、部屋を細かく区切ったりすることはできませんが、部屋の全面に木材が積み重なった内観となるので、木材の香りのする広々としたとても暖かい雰囲気の家が出来ます。

家がなくビニールハウスに住んでいた人が、毎月の給料で丸太を1本ずつ買い、家を作り上げた。という話をテレビで観て感動したことがあります。とても簡単な話ではありませんが非熟練労働者でも建築が可能というシンプルさも、この丸太組工法の面白さの1つだと思います。

この高い居住性とシンプルさから、東日本大震災の際にはログハウスの仮設住宅が注目されました。非熟練労働者でもできる作業が多いので被災者雇用を生むことができました。また、シンプルな構造のため移築も可能であり、仮設住宅としての役目が終わった後も、木材を再利用し災害復興住宅へと利用できます。私も福島県で学生をしていた時に見学をさせていただきましたが、木でできた温かい空間は仮設とは思えないほど快適な空間を生み出しています。

木造シリーズの締めとして一風変わった工法を紹介させていただきました。木造以外の工法についても今後お伝えしたいと思います。「構造について知ることでの家づくりのイメージが湧いてきた!」と言っていただけると嬉しいです。

2017年4月21日金曜日

【家を建てる】環境編

こんにちは宮本です。

今日は、住宅の環境についてのお話です。

住宅の断熱性、機密性の意識が高まってきている昨今ですが、

「パッシブハウス」をご存知でしょうか?

パッシブハウス(Passive House)とは

1991年にドイツの「パッシブハウス研究所」が定めた

住宅の性能基準を満たし、認定された住宅の事です。

その優れた性能によりEU諸国で広く普及し、

アメリカや韓国、そして日本でも普及が広がっています。

パッシブハウスは住宅の性能を向上させる事により、

高性能の熱交換器による空調設備だけで空調、

温度調整が可能になり、アクティブな冷暖房が不要という意味から

「パッシブ(受け身の)」という名称がつきました。

パッシブハウスの良いところは、

家の中の温度差が少ないことだと思います。

暖房の効いた暖かい寝室から、寒い廊下に出たときや、

浴室と廊下など非常に温度差が激しいところ行き来すると

ヒートショック(血管の急激な収縮)を起こし、

場合によっては心配停止を起こしてしまいます。

実は交通事故の死亡者数より多く、

非常に身近なところで起こりうるのです。

家全体を暖め、室温差を極力なくすことができるパッシブハウスは、

ヒートショックを防ぐ為にとても有効です。  

現在、パッシブハウスクラスの住宅を計画中です。

後ほど紹介させて頂きます。



出典:PASSIVE HOUSE JAPAN
弊社はパッシブハウスジャパンの賛助会員です。
PASSIVE HOUSE JAPAN 

2017年4月14日金曜日

【家を建てる】天井仕上げ材編

こんにちは伊井です。
今回は天井仕上げ材についてご紹介させていただきます。
天井は床、壁と並び空間面積の多くを占めるため、
使用する仕上げの色や素材次第で部屋の雰囲気が大きく変わる部分です。



クロス

仕上げ材として最も多く使用される素材の一つです。柄、色共に種類が豊富で、様々なデザインに対応可能です。施工性が良く、価格も安い。



塗装

色数が豊富で、クロスにはないマットな質感や継ぎ目のない面を得られます。下地に大きく左右されるため、下地処理が重要となります。



板張り

豊富な樹種から選ぶことができ、経年による変化を楽しむことができます。又、落ち着きのある雰囲気を演出できます。湿気の多い部屋には不向きです。



化粧石膏ボード

石膏ボードの表面に化粧を施したものです。種類が少なく、意匠性が低い。下地ボードが不要なため施工性の良い天井材です。



岩綿吸音板

主に音の反響を抑えたい部屋に使用します。リブ付など、意匠性を持たせたものもあります。



内装は様々な素材、色があるため、選定はとても難しいものです。
実物を確認し、じっくり選ぶことをお勧めします。


エイプラス・デザインでは住宅の無料相談を行っております。

エイプラス・デザインの建築士たちが、家づくりに関するさまざまなご相談に応じます。 みなさまのお家づくりのお役に立てればと思いますので、お家を建てるご予定のある方はお気軽にご予約ください。
ご予約は右のバナーからどうぞ。

2017年3月31日金曜日

【家を建てる】設備トイレ編

こんにちは、黒澤です。金曜日!
あいにくのお天気ですが、もうすぐ桜が咲きそうですね。
今日も建築士のブログを更新します
何かを特訓中の水戸事務所。結構前です。

こんにちは、清水です。
【家を建てる】初登場でございます。
今回は住宅用のトイレについて御紹介致します。
トイレは住宅を建てるにあたり、必ず必要で、
毎日使用する設備だと思います。
その為、機能性やデザイン性はしっかりと検討する必要があると考えます。
機能性、デザイン性からいくつか、例をあげて御紹介します。

機能性

TOTO トイレレイアウト
上記のメーカーの製品は
トイレ本体に多機能の収納や手洗い器、
カウンター等が附属したシステムトイレとなっています。
予算や利用状況に応じてはレイアウトタイプを選ぶ事が出来ます。
収納が多い事により、見せたくない備品等を収納することができ、
広々と使用できます。

デザイン性




LIXIL プレアスLSタイプ・プレアスHSタイプ:バリエーション
手洗器付のタンク式トイレを見て、
手洗部分のデザインが水道の蛇口みたいで良くない、
タンク部分が重たく見えるなど、
一度は思った事があると思います。
上記のメーカー製品は手洗部分がシャワー吐水となっており、
水栓部分も考慮してデザインされています。
また、タンク部分もスッキリとしたデザインに設計されております。
今回、御紹介した他にも、デザイン性・機能性に富んだトイレは沢山あります。
弊社ではトイレはもちろん、他の住宅設備も検討する際、
お施主様と一緒にショールームに行き、実物を見ながらご説明をしています。
是非、お気軽にお問い合わせ下さい。

エイプラス・デザインでは住宅の無料相談を行っております。

エイプラス・デザインの建築士たちが、家づくりに関するさまざまなご相談に応じます。 みなさまのお家づくりのお役に立てればと思いますので、お家を建てるご予定のある方はお気軽にご予約ください。
ご予約は右のバナーからどうぞ。

2017年3月24日金曜日

【家を建てる】断熱材編

こんにちは、黒澤です。金曜日ですね!
建築士さんのブログ更新します。
おおくぼ保育園上棟式のお祝い、紅白のひよこ♪


外壁1回目 サイディング編
外壁2回目 外壁工事編
外壁3回目 材料編
外壁4回目 ガラス編

こんにちは、鈴木です。
今回は断熱材についてご紹介します。
よく使われる断熱材は大きく分けて「繊維系」と「発泡プラスチック系」の2種類があります。
いずれもその内部に空気を含むことで熱を伝えにくくしています。



「繊維系」
グラスウールです。極細のガラス繊維でできた綿状の素材です。製品は写真のようにフェルト状になっており、柱と柱の間に隙間なく施工していく充填断熱工法に用いられることが多いです。グラスウールは防音効果もあるため防音材として使われることもあります。


「発砲プラスチック系」
こちらは押出ポリスチレンフォームです。ポリスチレン樹脂、発泡剤等を混ぜ合わせ、発泡させながら押出成形したものです。形状はボード状で適度な硬さがあり、また、吸湿しにくいため基礎の断熱等でもよく用いられます。


断熱材の性能を表すものとして熱伝導率があります。
この数字が小さいほど熱を伝えにくい=断熱性が高い断熱材です。
しかしこの数値が低い材料を使えばOK、というわけではありません。
断熱材は厚みがそのまま断熱性能に比例しますので、
住宅のどこで使用するかや工法、価格などを併せて考える必要があります。
簡単ですが断熱材のご紹介でした。
ほかの断熱材も含めて気になられた方はぜひエイプラスデザインまで。
お待ちしております。

エイプラス・デザインでは住宅の無料相談を行っております。

エイプラス・デザインの建築士たちが、家づくりに関するさまざまなご相談に応じます。 みなさまのお家づくりのお役に立てればと思いますので、お家を建てるご予定のある方はお気軽にご予約ください。
ご予約は右のバナーからどうぞ。

2017年3月15日水曜日

企業主導型保育事業セミナー開催します
(参加費無料)@つくば

これからの人材不足時代に向けて
明確な対策を取りたい経営者様へ

 

内閣府が行っている事業所内託児施設の助成で
「企業主導型保育事業」という補助制度があります。
その補助を利用し、企業内に保育所を作るための勉強会を開催します。
既に全国で1700件以上の施設が整備費や運営費の助成を受け、
従業員や地域の子供たちを受け入れています。
この制度を利用し、職場の環境を整え、人材確保、
従業員の離職率を減少させ、雇用率をアップしましょう。
地域の会社で共同利用もできます。地域住民の受け入れも可能です。
夜間や休日の受け入れなど、多様な働き方に合わせて運営することができます。
本セミナーでは、企業主導型保育所の設置サポートを手がける
コンサルタント(株式会社船井総合研究所)を講師に招き、
保育所導入企業の実例、開設の手順などをお伝えいたします。
また、設置による企業側のメリットや、制度の活用・補助金に係る
様々な疑問・質問にお答えさせていただきます。

 

企業主導型保育所の開設で

  • 求人応募数10倍、離職率30%改善
  • 施設整備費の3/4程度が補助金
  • 運営費も補助され営業利益15%以上
  • 保育運営の外部委託・地域開放も可能

日時
 
3/22(水)13:30~15:00
受付開始 13:15~
会場
 
(株)つくば研究支援センター B棟1階 研修室2
google map
お申込み
 
申込書をダウンロードしFAXで送信してください。
お電話でのお申し込みもお待ちしております。
お問い合わせ
 
 
0120-65-6556(フリーダイヤル)
お問い合わせフォームから
受付時間 平日9:00~18:00

2017年3月10日金曜日

【家を建てる】住宅設備 建具編

こんにちは、黒澤です。
ひさしぶりに建築士さんが担当のブログを更新します😊


こんにちは。石橋です。
今回の5回目の住宅ブログは、「建具」についてお話します。

1回目住宅設備編
2回目省エネ編
3回目創エネ編
4回目キッチン編

私たちが住宅のご提案をするときには、玄関ドアや室内の建具についても検討を行います。例えば玄関ドア。玄関ドアを作っているメーカーはいろいろあり、LIXIL、YKKAP、三協立山などのメーカーが有名です。
LIXIL GRANDEL
YKKAP イノベスト
三協立山 ファノーバ

上記メーカーの玄関ドアはアルミ製なのですが、表面に木目調のシートを貼ることで、写真のような本物の木製ドアの雰囲気を出しています。もちろん、アルミの表情を出したデザインのドアもあります。
LIXIL AVANTOS

また、木製の玄関ドアを作っているメーカーもあります。
阿部興業 GRACE
アイエムドア SPシリーズ
アルミ製玄関ドアと木製玄関ドアはそれぞれにメリット、デメリットがあります。
アルミ製ドアは耐久性に優れています。
庇などがついている場合も多いとはいえ外気に接している玄関ドアは
雨風にさらされており高い耐久性を求められます。
木製ドアも水に強い木材を使用したり、表面の塗装を工夫したりと
耐久性を高める方法はいろいろとありますが、
やはりアルミ製ドアが耐久性では勝ります。
木製ドアは、断熱性が非常に高いです。
熱の伝えやすさを示す数値に熱伝導率というものがあるのですが、
木の熱伝導率はアルミの1800分の1と極めて低い数値となっています。
アルミ製ドアも内部に断熱材を充填して
断熱性能を高めるなどの対策がされていますが、
断熱性能で見た場合まだ木製ドアにアドバンテージがあるようです。
また、木製ドアはメーカー製でなく、建具屋さんにお願いして
好みのデザインで製作してもらうことが可能です。
外観デザインを検討していて、
どうしてもメーカー製の決まったデザインのドアでは
しっくりくるものがないという場合、
デザインを伝え建具屋さんにイメージ通りのドアを作ってもらうことがあります。
こういうふうに融通が利くのも木製ドアのメリットだと思います。
(下の写真は弊社でよく建具製作をお願いしている建具屋さんのものです。)
加藤木工
…と、書いていたら思ったより長くなってしまいました。本当は室内の建具についてもいろいろとお話ししようと思っていたのですが、それはまたの機会に…

エイプラス・デザインでは住宅の無料相談を行っております。

エイプラス・デザインの建築士たちが、家づくりに関するさまざまなご相談に応じます。 みなさまのお家づくりのお役に立てればと思いますので、お家を建てるご予定のある方はお気軽にご予約ください。
ご予約は右のバナーからどうぞ。